CFDとは?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

CFDとは?

CFDとは、Contract For  Differenceの略で、日本語で「差金決済取引」と呼ばれるものです。

これは売買の価格差のみに着目した取引のことで、FXも差金決済取引の一つなんですね。

株取引の場合、証券やお金の受け渡しが発生しますが、CFD取引の場合はそういった受け渡しが一切必要ないのです。

ここでは、CFDの様々な特長に着目していきたいと思います♪

CFDのポイント1:少額な証拠金でレバレッジをかけた取引ができる

CFDの最も大きな特長と言えば、この「少額な証拠金でレバレッジをかけた取引ができる」という点にあるでしょう!

証券会社によって異なりますが、CFD取引の場合、概ね10倍程度レバレッジをかけた取引をすることができます。

レバレッジ、つまりてこの原理を利用して少額資金で大きな取引をすることができるんですね。

レバレッジ10倍の場合、元手の10分の1の資金を用意することができれば取引をすることができるということになります。

現物の株取引の場合、100万円の株を購入しようと思ったら信用取引でもない限り100万円の資金をきっちりと耳を揃えて用意する必要がありますが、CFDの場合はレバレッジ10倍の場合10万円あれば取引出来てしまうのですから、資金効率面から考えれば圧倒的に有利であると言えるでしょう。

この最低限用意しなければならない資金が証拠金と呼ばれるもので、入金した金額から含み損を引いた額が証拠金額を下回ってしまうと強制的にロスカットされてしまいます。

あまり高いレバレッジをかけた取引はロスカットの危険がありオススメできませんが、レバレッジを2~3倍程度に抑えた比較的低リスクで資金効率の高い投資をすることがCFDでは可能なんですね。

CFDのポイント2:24時間取引ができる

CFDの特長として土日を除いた24時間いつでも取引ができるという点が挙げられます。

平日の夜間はもちろん、祝日でも取引することが可能なんですね。

現物の株取引、例えば日本の個別株を売買しようとした場合、市場が開いている朝の9時から夕方の15時までの間しか取引することができませんが、CFDならそういった拘束が一切ありません。

祝日だろうが、夜中であろうが、銀行が閉まっていようが、東証が閉まっていようが、いつでも手軽に取引できるんですね♪

サラリーマンの方であれば、そもそも9時~15時の間にリアルタイムに取引できませんよね・・・そういった方にオススメなのがCFDなのです!

CFDのポイント3:買いはもちろん売りからも取引できる

「安いところで買って高く売る」・・・投資の世界ではよく耳にする格言ですが、CFDではこの逆、すなわち「高いところで売って安く買い戻す」という取引も可能なんですね♪

現物の株取引の場合、信用口座を開設していなければ売りトレード(いわゆる空売り)をすることができませんが、CFDでは買いはもちろん売りからでも取引することができるのです。

投資をしていると時に大暴落に見舞われることがあります。

有名なリーマンショックをはじめ、ギリシャショック、チャイナショック・・・など年に何度かは大小の暴落が起きているんですね・・・

そういった暴落時にただ指をくわえて見ているだけではなく、高いところで売って安く買い戻すことができれば、極めて大きな利益を得ることができるのです!

買いポジションの含み損を抑えるためのリスクヘッジにもなりますよね♪

是非あなたもこの機会にCFDを利用して、買いはもちろん売りでも利益を上げられるようになってみてはいかがでしょうか?

CFDのポイント4:取引期限がない(ロールオーバーを意識しなくていい)

日経225や日経225ミニのような先物取引をされている方にとって、3ヶ月に一度訪れる限月時のロールオーバーほど面倒な作業はないでしょう・・・

持っているポジションを問答無用で強制決済されてしまうという無慈悲で極悪非道な所業に耐え、新しい限月用にポジションを乗り換える・・・わかっていてもその作業のダメージたるや相当なものがありました。

ところがCFDでは限月という概念がなく、一度持ったポジションはロールオーバーを意識せずに永久に持ち続けることができるんですね♪

以前から株価指数や商品などを取引してきた方にとって、これは革命的なポイントだと思います♪

CFDを利用して効率的で安全な資産運用をはじめよう!

いかがでしたでしょうか?

ここまでCFDの様々な特長をご紹介してきました。

少額資金でレバレッジをかけ効率的な取引ができるCFDは、まさに私達の前に拓かれた希望の光と言えるでしょう!

是非あなたもこの機会にCFDを利用して効率的で安全な資産運用をはじめてみてはいかがでしょうか?

CFD取引を行うなら、何はともあれGMOクリック証券がオススメです!

日本225訴求

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする