FTSE100とは?構成銘柄や配当狙いのオススメ投資法について

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

FTSE100とは?

FTSE100とは、Financial Times Stock Exchangeの頭文字をとったもので、イギリスの経済紙であるフィナンシャルタイムズがロンドン証券取引所に上場している時価総額および流動性基準を満たした上位100銘柄を対象に算出している株価指数です。

日本でいう日経225のようなイメージですね。

(日経225は日経新聞社が市場を代表する225銘柄を対象に算出している株価指数)

FTSE100の構成銘柄

さてそんなFTSE100の構成100銘柄は以下の通りです。

この100銘柄でロンドン証券取引所の時価総額の約8割を占めているんですね。

FTSE100の中には、エネルギー会社であるロイヤルダッチシェルや、HSBC銀行など、20兆円を超える時価総額を誇る有名企業をはじめ、ユニリーバ、グラクソスミスクライン、ボーダフォン、ロールスロイス、プルーデンシャル、コカコーラ、など世界的にも有名な企業が名を連ねています。

(2018年5月21日現在)

 FTSE100構成銘柄時価総額(10億ポンド)
1ロイヤル・ダッチ・シェル クラスA229.882
2ロイヤル・ダッチ・シェル クラスB229.882
3HSBCホールディングス147.115
4ユニリーバPLC122.491
5BP116.952
6BHPビリトン97.796
7ブリティッシュ・アメリカン・タバコ87.159
8リオ・ティント76.973
9グラクソ・スミスクライン73.804
10ディアジオ66.407
11アストラゼネカ66.384
12グレンコア54.865
13ボーダフォン・グループ51.533
14プルーデンシャル50.125
15ロイズ・バンキング・グループ47.451
16レキットベンキーザー・グループ41.923
17シャイアー38.374
18バークレイズ35.496
19ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ35.285
20カーニバル・コーポレーション34.663
21レレックス・グループPLC33.399
22ナショナル・グリッド29.679
23インペリアル・ブランズ26.438
24コンパス・グループ25.195
25スタンダードチャータード銀行24.91
26テスコ24.244
27アングロ・アメリカン24.04
28CRH23.455
29スカイ23.293
30アビバ22.053
31アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ21.771
32BAEシステムズ20.702
33BTグループ20.166
34リーガル&ジェネラル・グループ 16.899
35WPP16.753
36エクスペリアン16.706
37ロールス・ロイス・ホールディングス15.943
38ロンドン証券取引所グループ15.854
39スコティッシュ・アンド・サザン・エナジー14.385
40ファーガソン14.096
41インターナショナル・エアラインズ・グループ13.96
42オールド・ミューチュアル12.209
43スミス・アンド・ネフュー11.569
44アシュテッド・グループ11.269
45スタンダード・ライフ・アバディーン11.048
46アントファガスタ10.682
47トゥイ10.508
48モンディ10.067
49スリーアイ・グループ9.622
50コカコーラHBC9.523
51 フレスニーヨ9.392
52シュローダー9.353
53ハーグリーブス・ランズダウン9.249
54インターコンチネンタルホテルズグループ9.16
55パーシモン8.81
56インターテック・グループ8.299
57ネクスト8.193
58セントリカ8.114
59バーバリー・グループ8.081
60NMCヘルス7.794
61ホイットブレッド7.635
62バンズル7.626
63パディ・パワー・ベットフェア7.399
64セージ・グループ7.318
65 エブラズ7.249
66ピアソン7.198
67ランド・セキュリティーズ・グループ7.099
68スマーフィット・カッパ・グループ7.04
69イージージェット6.929
70ITV6.861
71ジョンソン・マッセイ6.847
72ジェイ・セインズベリー6.847
73ブリティッシュ・ランド・カンパニー6.811
74スミスグループ6.767
75ロイヤル・アンド・サン・アライアンス・インシュアランス・グループ6.764
76テイラー・ウィンペイ6.71
77DCC6.651
78セグロ6.496
79セント・ジェームズ・プレース6.424
80インフォルマ6.383
81キングフィッシャー6.339
82レントキル・イニシャル6.129
83クローダ・インターナショナル6.115
84Wmモリソン・スーパーマーケッツ6.031
85DSスミス5.968
86マイクロフォーカス・インターナショナル5.863
87ジャスト・イート5.779
88バラット・デベロップメンツ5.634
89バークリー・グループ・ホールディングス5.616
90ロイヤルメール5.606
91アドミラル・グループ5.546
92ランドゴールド・リソーシズ5.459
93ユナイテッド・ユティリティーズ・グループ5.387
94ダイレクト・ライン保険グループ5.112
95ハルマ4.973
96メディクリニック・インターナショナル4.863
97マークス&スペンサー4.835
98セバーン・トレント4.815
99G4S4.151
100GKN
101スコティッシュ・モーゲージ・インベストメント・トラスト

ブレグジット(Brexit)による悪影響は?

イギリスといえば2016年6月23日に国民投票でEUから離脱することが決まりました。

これにより実際に離脱する予定の2019年3月末に向けイギリス経済に対する懸念の声が多くなってきています。

ブレグジット(Brexit=Britain+Exit)と呼ばれているイギリスのEU離脱問題。

実際のところFTSE100へ与える悪影響はどの程度なのでしょうか?

結論から言えば、ブレグジットによりFTSE100が極端に下落することは考えにくいです。

なぜならイギリスはEUの政策から解放されることで、国益を第一に考えた金融・財政政策を自由に発動することが出来るようになるからなんですね。

また、もしブレグジットでイギリスの通貨であるポンドが下落すれば、ポンド安効果で業績回復が期待されることになります。

そもそも、FTSE100はイギリス国内で活躍している企業だけではなくグローバルで活躍している数多くの企業で構成されており、イギリスというよりは世界的な景気動向や国際情勢にむしろ影響されるんですね。

更に、FTSE100は100社分の株価の加重平均をとったもので、その100社は固定ではなく定期的に銘柄の入れ替えが行われています。

衰退がみられる企業は好業績の企業と入れ替えが行われ人為的に株価があがるような仕組みになっているんですね。

こういったことから考えてもブレグジットによるFTSE100への悪影響は限定的であると考えられます。

配当狙いならFTSE100投資で決まり!

FTSE100に投資する最大のメリットは配当といっても過言ではないでしょう。

岡三オンライン証券において、FTSE100を1単元保有していた場合の2017年の1年間の配当額は29,113円。

2016年12月末にFTSE100を7,143円で1単元購入したとすると、1年経過した2017年12月末における年間配当利回りは約4%にもなります。

レバレッジ2倍なら8%、レバレッジ3倍なら12%にもなるんですね!

FTSE100でレバレッジ3倍であれば、かなり低リスクなうえ用意する証拠金が25万円程度で済みますし、それで年間3万円程度の配当がゲット出来るのですからかなり美味しい投資先であると言えると思います。

約8年で元がとれてしまう計算になりますからね。

岡三オンライン証券のFTSE100で得た配当はポジション売却するまで税金がかかりませんから複利で殖やすのにもってこいです!

複利で殖やした配当でポジションをどんどん増やしていく作戦が功を奏していくでしょう。

是非あなたも岡三オンライン証券のFTSE100株価指数で、配当を複利で殖やしていく投資を始めてみてはいかがでしょうか?

岡三オンライン証券 くりっく株365

岡三オンライン証券 くりっく株365

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする