ポイントアンドフィギュアの売買サイン

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ポイントアンドフィギュアの売買サイン

○と×の2つの記号で値動きが表されるテクニカル分析手法「ポイントアンドフィギュア」。

相場の転換点を簡単に見つけられ、しかも売買サイン後の目標値を簡単に算出できることから幅広い投資家に人気を博しています。

ここではそんなポイントアンドフィギュアの売買サインと目標値の算出方法の例をいくつかご紹介致します。

ポイントアンドフィギュアの売買サインが発動するのは、下記のようにレンジ相場のような保ちあいの状態からバランスを崩した時(ブレークアウト)になります。

基本的には、保ちあいの状態を上方へブレークアウトした時が買いサイン点灯、保ちあいの状態を下方へブレークアウトした時が売りサイン点灯の判断となるんですね。

実際の相場においては、上記のようなキレイな保ちあいの状態はあまりなく下記のように様々な形状の保ちあいの状態があります。

どのパターンにおいても、2列左の直近の高値を上回った時が「買いサイン」、2列左の直近の安値を下回った時が「売りサイン」となります。

ダブルトップ型/ダブルボトム型

トリプルトップ型/トリプルボトム型

強気混合型/弱気混合型

強気の三角持合型/弱気の三角持合型

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする