メキシコペソ円で自分年金作りをはじめてみませんか?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

あなたが保有している投資信託は元本割れしていませんか?

最近投資信託についてあまり良くないニュースを耳にすることが増えました。

特に多いのが元本を取り崩しながら分配金を支払う投資信託について。

元本を取り崩しながら分配金を支払うことについては違法性はないようなのですが、普通の感覚として非常に違和感を覚えますよね?

こういった投資信託で多いのが、もらった分配金のプラス分より、減った元本マイナス分が多いということ。

分配金の高さに目がくらみ銀行員に勧められるまま投信を購入したものの、元本割れしてしまっては元も子もありませんよね。

こういった現実を踏まえ今後金融庁もルールを改正してくるのではないでしょうか?

老後の年金は国に頼るのではなく自分で作っていく時代

元本を取り崩して配当金と見せかけるような投資信託は今後どんどん廃れていくでしょう。

これからはそういった投資信託に騙されず自分自身で年金を作っていく時代です。

自分で年金を作っていくのは難しいと感じるかもしれませんが、楽しく学びながら始めていけば何も難しいことはありません。

各通貨のスワップポイント利回り

自分年金作りをFXで行おうとした場合、レバレッジを極力下げてリスクを低く抑えたいところです。

2017年11月10日現在、各主要通貨を1万通貨分レバレッジ1倍で購入しようとした場合の必要額とスワップポイントは以下の通りです。

通貨レート必要額@レバ1倍年間スワップ年間利回り
米ドル円113.5円1,135,000円4,380円0.4%
ユーロ円132.42円1,324,200円-23,725円-1.8%
ポンド円149.69円1,496,900円1,825円0.1%
豪ドル円86.91円869,100円7,300円0.8%
ニュージーランドドル円78.62円786,200円7,300円0.9%
カナダドル円89.44円894,400円1,095円0.1%
トルコリラ円29.32円293,200円33,215円11.3%
南アフリカランド円7.89円78,900円3,650円4.6%
メキシコペソ円5.94円59,400円4,015円6.8%

中でもトルコリラ円はレバレッジ1倍でも10%を超える利回りが出来るのですから驚異的です。先進国通貨が軒並み1%以下の利回りなのに対し、新興国3通貨であるトルコリラ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円の利回りの高さが目立っていますね。

この何年かで先進国通貨はかなり値上がりしましたが、新興国3通貨はいずれも大きく値下がりし、それに反比例する形でスワップ利回りが高くなってきているんですね。

自分年金作りにはメキシコペソ円が最適

さて、ではどの通貨を選べば良いのか?ということになってくるのですが、ズバリ「メキシコペソ円」がおススメです!

利回りではトルコリラ円には及びませんが、トルコリラ円は数年に渡ってキレイな右肩下がりのチャートになっていて底が見えません。

いくらスワップポイントの利回りが高いとはいえ、ポジションの含み損がスワップポイントの利益を吹き飛ばしてしまうような状態では安心して年金作りに励めません。

おまけに先進国通貨より安いとはいえ、1単位(1万通貨)あたり約30万円の資金が必要な点もハードルが高いポイントの一つです。

その点、南アランドは約8万円、メキシコペソは約6万円という一桁万円でポジションを構築できる点は大きなメリットであり、レバレッジ1倍で安全に自分年金作りされたい方には最適の通貨なんですね。

更に、メキシコペソ円は南アランド円より利回りが高く、過去最安値も4.878円と現在のレートからの距離が短く、半値に暴落しても3円程度ですから、値下がりリスクが極めて小さい点も魅力的です。

メキシコペソ円のおススメ投資法

このように為替レートが最も安く、それでいてトルコリラ円に次いでスワップポイントの利回りが高いメキシコペソ円は、リスクとリターンのバランスがとれた最適な投資先であると言えるでしょう。

このメキシコペソ円をどのように運用していくかですが、ズバリ「ドルコスト平均法」を利用して定期的にポジションを構築していく方法がおススメです。

レバレッジ1倍でも約6万円で購入できるメキシコペソ円。

例えばレバレッジ3倍に相当する約2万円で毎月メキシコペソ円を1単位(10,000通貨)ずつ購入していったとしましょう。

メキシコペソ円を仮に6円のレートで固定とし、スワップをマネーパートナーズFXの1日あたり11円で計算した場合の資産増加カーブは下記のようになります。

10年間に得られるスワップ総額は240万円にも達するんですね。

保有するポジションは毎月1本ずつ購入しているので10年後には120本にも達し、その時の毎月のスワップ受取額は4万円オーバーとなります。

毎月4万円ずつ収入があればだいぶ生活が楽になりますよね!

受け取ったスワップを更に再投資し複利で殖やしていくと?

毎月2万円でポジションを1本ずつ購入していくだけで、10年後にはスワップ利益だけで240万円を超えるメキシコペソ円投資。

この増えたスワップ利益を更に再投資していけばより資産構築のスピードが早まることは間違いありません。

そこで毎月1本ずつポジションを購入していくことに加え、スワップ利益が2万円増える度に1本ずつポジションを増やしていくことを併せて行った場合を検証してみました。

青のカーブに比べ、今回の赤のカーブの方が急激に資産構築カーブが上昇しているのがわかります。

10年後にはスワップだけで約520万円の利益をあげることが出来ており、月の利益は10万円をオーバーしています。

まさに複利のパワーを享受できている状態ですね!

ポジション本数が多くなればなるほど心配なのが為替が急落した時

いかがでしょうか?

毎月2万円ずつコツコツ投資していくことによりメキシコペソ円で大きく資産を殖やせることがおわかり頂けたことと思います。

更に増えたスワップを再投資していくことで複利効果が働き、超速で資産構築していくことが出来るんですね。

ただし、このようにポジション本数が増えるとちょっとした急落で含み損が大きく膨らみ不安な思いをすることが間々あると思います。

月々スワップ収入が十分に大きな額に達したならば、そこからはより安全度を高めるために、例えばレバレッジ3倍の2万円の証拠金というルールから、レバレッジ2倍の証拠金3万円のルールに徐々に変えていくようにすると良いでしょう。

そうすればより安心安全に資産構築していくことが出来ると思います。

これからは国に頼らず自分で老後に備えて自分年金作りをする時代です。

是非あなたもこの機会にメキシコペソ円を利用した自分年金作りをはじめてみてはいかがでしょうか?

メキシコペソ円投資をするならスワップポイントが1日11円と高いパートナーズFXがオススメです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする