くりっく365を取り扱っているFX会社一覧

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

くりっく365とは?

くりっく365とは、東京金融取引所(TFX:Tokyo Financial eXchange)が市場を開設して運営している取引所為替証拠金取引の愛称です。

1998年4月の外為法改正を受け個人にFXが解禁されて以来FX会社が乱立するようになりました。

すると一部の悪質なFX会社から不利益を被る投資家が増えてきたんですね。

こういった背景を受け「透明性&公平性を高めた健全なFX取引を!」の理念のもとに、2005年7月にFX取引を規制する改正金融先物取引法が施行されたのと時を同じくして「くりっく365」がスタートしたのです。

くりっく365は公設市場である取引所で行われるFX取引ということで、ルールが規格化されていて透明性が高く公正な取引が出来ると言われているんですね。

取引所FX(くりっく365)と店頭FXの違いは?

この「くりっく365(取引所FX)」に相対する存在が「店頭FX」で、両者の間には下図のような違いがあります。

(※)くりっく365のマーケットメイカー6社

  1. コメルツバンク・アクツィエンゲゼルシャフト(コメルツ銀行)
  2. ゴールドマン・サックス証券
  3. ドイツ証券
  4. 野村證券
  5. バークレイズ・バンク・ピーエルシー(バークレイズ銀行)
  6. 三菱UFJ銀行

上図の通り、取引所FX(くりっく365)は取引所を通じて証拠金取引(FX)を行います。

この時FX会社は取引所へ取り次ぐ窓口的な役割を果たしているんですね。

一方、店頭取引の場合は、各FX会社がポジションを保有しており、トレーダーへのレートの提示や相対取引などを行う一方、保有ポジションのリスクヘッジいのためインターバンク市場とのカバー取引を行います。

取引所FXと店頭FXの主な違いは下表の通りです。

 取引所FX(くりっく365)店頭FX
取引所の有無
取引主体(取引の運営管理)取引所FX会社
FX会社の役割窓口取引全般
為替レートインターバンク市場内のマーケットメイカー6社のベストレートを取引所が合成しレートを提示(くりっく365取扱会社による違いなし)インターバンク市場のレートを参考に、各FX会社が独自のレートを設定し提示
スプレッド常時変動ほぼ固定
スワップポイント受取スワップ=支払スワップ受取スワップ<支払スワップ
通貨ペア24ペアFX会社により異なる(くりっく365よりは種類が多いFX会社が多い)
税金為替差益・スワップともに20.315%の申告分離課税。他の先物取引との損益通算可能くりっく365と同じ

くりっく365を取り扱っているFX会社一覧

くりっく365を取り扱っているFX会社一覧は下記の通りです。

FX会社種類

岩井コスモ証券
取引参加者

インヴァスト証券
取引参加者

FXブロードネット
取引参加者

岡三オンライン証券
取引参加者

岡安商事
取引参加者

外為オンライン
取引参加者

カネツFX証券
取引参加者

カブドットコム証券
取引参加者

GMOクリック証券
取引参加者

住信SBIネット銀行
取引参加者

大和証券
取引参加者

立花証券
取引参加者

日産証券
取引参加者

フジトミ
取引参加者

みずほ証券
取引参加者

豊商事
取引参加者

クリエイトジャパン
取次者

サンワード貿易
取次者

東郷証券
取次者

プレミア証券
取次者

FOREX EXCHANGE
媒介者

あかつき証券
金融商品仲介業者

カネツ商事
金融商品仲介業者

セントラル商事
金融商品仲介業者

大起産業
金融商品仲介業者
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする